白くに濁らないい理由と対処法

ととのうみすとはSNSでも話題になっている肌を整えてくれるミストですが、どんなに口コミがいいスキンケアグッズでも「効果なし!」といった口コミは存在します。

実際、ととのうみすとを使っても「効果なし」「これ本当に効果あるの?」と思う方も少なからずいらっしゃるようです。

では、なぜととのうみすとを使っても「効果なし」と感じる結果になったのか。

ここではととのうみすとは効果なしの原因と対処法についてご説明します。

ととのうみすとで効果なしと感じる理由

ととのうみすとを効果を感じない時は

  • ととのうみすとが白く濁らない
  • 黒ずみが綺麗にならない

といった場合だと思います。

ではなぜととのうみすとが白く濁らず、黒ずみが綺麗にならないのかというと…

①毛穴が開く前にととのうみすとを使っている
②使用量が少ない
③皮脂が肌の上にほとんどない
④皮脂や角栓による黒ずみ汚れではない

といった場合です。

①毛穴が開く前にととのうみすとを使っている


ととのうみすとが毛穴にうまく入り込めなかった場合、古い角質と反応できず白く濁りません(乳化できません)

ととのうみすとを使う時は入浴で湯舟につかり、毛穴をしっかりと開かせてから使用してください。

また湯舟に疲れない時はホットタオルを作り、鼻の上に乗せて鼻の毛穴を開かせてからととのうみすとを使うようにしましょう。

②使用量が少ない

次に注意したいのが使用量です。

ととのうみすとを使う時は顔に万遍なく使うようにしてください。

1回につき10プッシュ~15プッシュほど使用しましょう。

吹きかけた後はすぐに洗い流さず、約1分ほどそのまま待ちます。

1分って思っているよりも長いものです。今日あったことを思い浮かべながら待ちましょう。。

③皮脂量が少ない

肌の上にある皮脂量が少ない場合、乳化する量が少なく白く濁らないケースがあります。

ですが、だからといってととのうみすとが「ただの水」になるわけではありません。

ととのうみすとには肌の善玉菌を元気にしたり、アーティチョーク葉エキスが毛穴を引き締め肌を整えてくれます。

ニキビや吹き出物ができやすく困ってませんか?

そんな肌こそ、ととのうみすとの出番です。ととのうみすとは自分の肌を整えてニキビや吹き出物ができにくい肌に整えてくれます。

④皮脂や角栓による黒ずみ汚れではない

黒ずみの原因がメラニンによるものだった場合、ととのうみすとを使ってもすぐに黒ずみが綺麗になることはありません。

メラニンが原因でできている黒ずみの場合、肌のターンオーバーが関係してくるので数ヶ月単位で黒ずみへの効果を見る必要があります。

またメラニンが原因の黒ずみ毛穴の場合は美白ケアが必要です。

ととのうみすとは使い方や肌の状態によっては「効果なし」と実感する場合があります。

ただ、初めて使って「これ本当に効果あるの!?」と思ってもまずは使い続けることが大切です。

ととのうみすとをしばらく使い続けてから白く濁るようになった!と効果を実感される方もいるので、諦めずにまずは手元にある1本使い切ってみてください。

汚れが頑固にこびりついている場合は何度も何度も洗ってやっと落とせる場合もあります。(こびりついたコンロの黒ずみと同じですね!)

正しい使い方を意識して、ととのうみすとが手元にある場合はまずは丸々1本使い切って見てくださいね。

ととのうみすとが垂れてこない場合

ととのうみすとを使っても垂れてこない!という方もいらっしゃいます。

この場合吹きかける量が少ないので、もう数プッシュ分多く使ってみてください。

充分な量を吹きかけるとポタポタとととのうみすとが皮脂成分と一緒に垂れてきます。

正しく使って最大限の効果を得てくださいね!

ととのうみすと購入ボタン

ととのうみすとの口コミ・効果※整うミストで黒ずみは消える!?トップぺージへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です