髪に使っても大丈夫?

ととのうみすとは頭皮クレンジングに使えるミスト。

頭皮に効果的なミストだから髪にもいい効果がありそう!なんて期待できますよね。

そこで、ここではととのうみすとが髪に与える影響をご紹介します。

ととのうみすとを髪に使っても大丈夫?

結論から言うと、ととのうみすとは髪に使うのはNGです。

人の髪の毛の表面はキューティクル(弱酸性の膜)で覆われています。このキューティクルにアルカリ性の液体がつくと、キューティクルが傷ついて髪の毛が傷んでしまうんです。

ととのうみすとはアルカリ性の水なので、まさにNG成分。

頭皮クレンジングには最高ですが、髪との相性は良くないんです。

頭皮クレンジングでととのうみすとを使って髪の毛がギシギシしてしまった場合、このキューティクルが傷ついてしまったのが原因です。

キューティクルは髪の水分や栄養分を守る役割をしています。

アルカリ性の液体がついてダメージを負うと髪の水分や栄養分が外に漏れ出して髪の艶やコシがなくなってしまうんです。

なので、ととのうみすとを髪の毛に使うのは避けてくださいね。

ととのうみすとを頭皮クレンジングに使う時は極力ととのうみすとが髪の毛のつかないように吹きかけてください。

遠くから吹きかけると髪にもかかってしまうので、頭皮からあまりはなさずととのうみすとを吹きかけるのがコツです。

ととのうみすとを頭皮クレンジングに使うメリット

シャンプーをした後なのにすぐ臭う頭皮臭、どうにかしたいですよね。

頭皮臭を消すのは意外に大変です。石鹸やボシャンプーでは臭いが取り切れないですし、間違った方法でケアするとさらに悪化します。

ととのうみすとは頭皮に必要な潤いを残しつつ、頭皮臭の原因となっている不必要な皮脂成分をしっかりと落としてくれます。

頭皮環境を改善してくれるのでととのうみすとで頭皮クレンジングするとフケや痒み、臭いといった頭皮トラブルを解消してくれます。

髪にはNGですが、頭皮クレンジングにはピッタリなので、髪の毛につかないように使ってみてくださいね。

ととのうみすと購入ボタン

ととのうみすとの口コミ・効果※整うミストで黒ずみは消える!?トップぺージへ戻る